ちょびとくる

chobikuru.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 16日

今年も一年ありがとう!ワンワン!ワクワク♪X‘masぱーちー☆

今年ももうすぐ終わりな12月!
あびゆずちゃんのお宅に、
11ワンコ、7人が集まりました!
f0193329_412241.jpg
そら美ちゃん!
メリクリなのだ~!


f0193329_4151726.jpg
ちゃこちゃん!


f0193329_416596.jpg
幸多くん!


f0193329_418250.jpg
はなちゃん!


f0193329_4185840.jpg
ボノちゃん!


f0193329_42057.jpg
リノちゃん!
この日は、
リノちゃんのお顔を撮れなかったのです。
鼻黒サンでかわいいのだ~!


f0193329_426562.jpg
テーブル下が
好きなの?
ドロシーちゃん!


f0193329_428059.jpg
アビィーちゃん!


f0193329_4295025.jpg
ちゃこママさんに抱っこしてもらい、
ご満悦のちょびサン!


f0193329_4323812.jpg
そして、
くるちゃん!


あとは、ゆずちゃんなのですが・・・
ガーン!
ゆずちゃんの写真が一枚もちゃんと撮れてなかった・・・(涙)
みんなと元気に遊んでいたから、ピンボケちゃった。
ごめんね、ゆずちゃん。


そして、スペシャルタイム!
ワンコ達には、はなママさん手作りの
ワンコケーキが!
f0193329_4362173.jpg
スゴ技です!


f0193329_4472139.jpg
わんこママ達には、パティスリー・コリーヌさんのケーキです!


ウマウマ~でしあわせ♪
ワンコ達と笑って食べての楽しいひととき♪
みなさん、ありがとうございました!
[PR]

by chobbito | 2009-12-16 23:59 | お出かけ
2009年 12月 05日

ハーブ・セミナー

ペットの自然療法事典でおなじみのDr,バーバラのハーブセミナーに
行ってきました。

Dr,バーバラは、獣医師であり、ハーバリストで、
オーストラリア獣医植物学協会の会長でもあり、
世界的ホリステック獣医療の分野では有名な方です。
西洋医学と東洋医学の長所を組み合わせた統合医療を行い、
世界中で獣医さんにセミナーを行っています。

今回は、本には書かれていないDr,バーバラが実際の診療で行っている
ハーブ療法について教えてくださり、
肝疾患、心疾患、皮膚疾患、アレルギーの症例について学ぶことができました!

特に、心疾患のなかでの僧房弁閉鎖不全症ついてのお話は、
ちょびくる達のいずれ訪れるかもしれない日への不安を、
少し勇気付けてくれるものでした。

キャバリアといえば、僧房弁閉鎖不全症というくらいで、
10歳までには100%の確立で発症するといわれているものです。
最近は、ブリーダーさんの努力もあり、70%程度になってきているようです。

僧房弁閉鎖不全症と診断されると、ACE阻害剤(血圧を下げ、末梢の血管を拡張して
心臓の負担を軽くする薬です)を飲み始めることになります。
しかし、病気の早期の段階で投薬を始めるのに不安も多く、
また効果があるのか心配もあります。
西洋医学では、軽度の心臓病に対しての薬は限られています。

バーバラは、軽度の場合には、ハーブの『ホーソン』の使うそうです。
ホーソンは、安全性の高いハーブで、心筋の収縮の増加、末梢血管の拡張、
冠動脈の血流改善、ACE阻害剤と同様の作用があります。

まずは、ハーブを使うことで心臓の悪化を先送りができるのです。
また、ACE阻害剤を服用していて、心臓の状態により薬の投与量を
増やしていかなければならない場合にも、ホーソンと併用することで、
投与量を抑えることができ、体の負担を減らすことができます。

さらに、漢方の血府逐於湯を併用することで、さらにサポートできます。
血府逐於湯は、うっ血性心不全や高血圧、心筋症、高脂血症などの
心臓病の治療に使われます。
血液をきれいにして、血液の循環を良くしてくれ、心臓そのものの状態を
良くしてくれます。

いままで、僧房弁閉鎖不全症となったら、
軽度でもすぐに投薬を始めなくてはならないのか?
また、少し様子をみて、病気の状態が進んでから投薬をしたほうがいいのか?と
薬の開始時期については、獣医さんにより考えも違い、飼い主に判断を委ねられることもあります。

ハーブや漢方を使うことにより、
心臓病の初期の段階での葛藤を、和らげることができるのではないかと思いました。
そして、より体に負担の少ない治療を選択していければと思います。

本当は、そんな日が来ない事が一番いいのですが・・・。
まぁ・・・それまでは、楽しく気ままにやっていきましょう♪

今回のセミナーは、出席できて良かったです!
思いのほか、漢方を使っている症例も多かったです。
ますます、東洋医学や漢方に興味がわきました。
もっと勉強していきたいな。





 
[PR]

by chobbito | 2009-12-05 23:48 | セミナー・学び