ちょびとくる

chobikuru.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 01日

ランチョンセミナー

ねずみの国の近くで行われた
セミナーに参加してきました!
f0193329_19234916.jpg


今回の内容は、先生が9月に出席された
米国ホリスティック獣医学会の報告会でした!

内容は・・・
腸と皮膚の関係と
甲状腺機能障害の現状
そして、セミナー終了後に
『いのちの食べ方』というDVDの鑑賞会
というものでした。

いま、アレルギーと戦うワンコ達が増えてきていますが・・・
アレルギーの原因のひとつとして、
腸管浸漏症候群に目を向けてもらえたらと思います。

ちょびくる達も、公園でよくオヤツをくださる飼い主さんに、
「アレルギーがあるのでスミマセン」と お断りさせてもらうのですが・・・

本当のところは、「腸管浸漏症候群によってアレルギー症状が出るかもしれないので・・・」
ということになります。

たぶん今は良くなってきていると思うのですが、
食べ物には注意するようにしています。

腸管浸漏症候群とは・・・
腸管壁に穴があいてしまい、毒素や食べ物などの物質が
体の中へ漏れていまう状態で、
その結果、
アレルギーや自己免疫疾患などの引き金となってしまう・・・
というものです。

くわしくは、こちらの本を読んでみて下さい!
「胃腸が弱い」ではすまされない!」
アレルギーに対る、アプローチの方向性が変わるとおもいます。

そして今回セミナーでは、
それに対する有益な情報を教えていただくことが出来ました!
セミナーありがたいです!

そして、最後に観たDVDは・・・
私たちが食べている「食べ物」がどうやって作られているか、
というものでしたが・・・
生きものが、モノとして扱われている現状に
いろいろな事を考えさせられました。

ただ、言葉でいえるのは・・・
いただきます。
ごちそうさまでした。
命ある生きものを頂くという
感謝の気持ちを忘れないようにしたい、ということです。

『いのちの食べ方』
知るということ、
そして考えることが大切なんだと思う作品でした。
[PR]

by chobbito | 2009-10-01 19:18 | セミナー・学び


<< 動物愛護週間60周年!      津波警報! >>