ちょびとくる

chobikuru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 06日

心臓検査

年に1度行っているちょびくる達の心臓の超音波検査。

去年は、ちょびサンの心臓の弁膜の動きに変化が見られていました。

今年は、心雑音があることがわかりました。
血液の逆流は軽度。
まだ聴診では聴かれないので、
投薬や日常生活の制限はありません。

去年からの経過があるので、
もしかすると今回は・・・と思っていたけれど、
やはりまだ来てほしくなかった。

キャバリアといえば僧房弁閉鎖不全症というくらいなので、
いつかくるかも・・・と思っていたんだけど・・・。


しかし、ネガティブに考えても良い事はないので、
気持ちをきりかえて、ちょびサンが楽しいと思える生活をサポートしていこうと思います。


検査で心臓の動きを見せていただいたので、
その動きをイメージングしながら、呼吸の様子や循環動態を見ながら、
海で楽しく走れるように、休憩をいつつ、まだまだ楽しんでもらいましょう!

あとは、今まで勉強したことを総動員!
あまり詰め込み過ぎないように、取り入れていきたいと思います~。


あっ、くるちゃんの心臓は大丈夫でした。
弾力性のあるゴム鞠みたいな感じでした。

これは、体の柔軟性が関係しているのかなぁ。
くるちゃんは、体がとっても柔らかくて筋肉もしなやか。
ちょびさんは、固めなんだなー。


f0193329_181124.jpg




今回のお勉強。
米国獣医内科学会の犬の僧房弁閉鎖不全症の診断および治療のガイドラインが
くわしく書かれていました。

しかし、僧房弁閉鎖不全症のステージA(検査で異常がないが、リスクが高い犬)では、キャバリア、ダックス、ミニチュアプードルが入っていました。

もう、その犬種=僧房弁閉鎖不全症という感じ。

このリスクを考えて、病気をださないようなブリーディングがされるようになることを願います。
[PR]

by chobbito | 2012-06-06 21:00 | 健康・病院


<< コラボ展!      夕焼け >>